水曜日のティータイム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

払いすぎた医療費が戻ってくるらしい【高額療養費制度】


<広告>


f:id:anemoneko:20160728191423j:plain

先日、ひょんなことから9日間入院しました。

 

病気自体はそんなに重症ではなく、手術もなく、1週間ひたすら点滴を打ちつづけるという治療でした。そんな感じなので、医療費もそこまで高くならないだろう、せいぜい10万円くらいかな〜と、のほほんとしていると支払い時に冷や汗をかきました。

 

 

保険適用で合計18万円でした。

 

初めての入院だったので相場が全くわからないのですが、夫いわく「痔の手術はもっと安かった!」とのことです。全く違う病気と比べられても…って感じですが。

 

「ぼったくりじゃないか?」と夫が言うので、家に帰って調べていると、「高額療養費制度」というのを見つけました。

 

 

 

高額療養費制度とは

 健康保険に加入していれば、1か月に支払う医療費に限度額が決められていて、限度額以上を支払った場合は払い戻してもらえるという制度です。

 

限度額は収入によって決められていますが、保険証を持っている人なら、会社員でも、自営業でも、扶養に入っている人でも適用されます。

 

しかも、入院だけではなく、1か月間に複数の病院に通院した場合や、同じ世帯(被保険者とその扶養家族)で合算して高額になった場合も適用されるそうです。

 

高額な医療費を支払ったとき(高額療養費) | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

  

 

いくら戻ってくるのか

自己負担限度額は収入によって変わります。

↓こちらのサイトで戻ってくる額がシミュレーションできます。

www.bms.co.jp

 

 

私の場合は…

 

●退院時に支払った金額:18万円

医療費負担額:95,000円+室料・食事:75,000円)

※室料、食事代などは対象外

 

 

●医療費負担額の上限:57,600円

(国民健康保険:年間所得210万円以下)

 

 

●戻ってくる金額:約37,000円

(窓口で支払った負担額:95,000円ー負担額上限:57,600円)

 

結構戻ってくる!低所得でよかった。

 

 

 

申請方法

加入している保険者によって異なるみたいなので、保険証に書いてある保険者に問い合わせてみてください。

 

私は国民健康保険なので、市のホームページで申請書をダウンロードして、市役所の保険担当窓口に提出しました。

 

◎申請に必要なもの

・領収書

・保険証

・印鑑

・振り込んでもらう口座の通帳

 

 

ちなみに、振り込まれるのは申請から3〜4ヶ月後だそうです。

 

自分で調べてはじめて知った制度なので、知らない人もいるかもしれないと思ってまとめました。2年以内はさかのぼって申請できるそうなので、心当たりのある方は調べてみるといいかもです。