水曜日のティータイム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

セキセイインコにおすすめの鳥かご・ケージ

インコ

<広告>


インコの皆さんはどんな鳥かごにお住まいでしょうか?

 

インコさんと暮らしてる人にしかわからない話ですが、インコのケージってあんまりおしゃれなのがないんですよね。

 

よくあるのは網のやつ。

f:id:anemoneko:20160421153737j:plain

 

はじめはよくわからないから、とりあえずオーソドックスな箱型のものを買いました。

 

真っ白で清潔感のあるところは気に入ってますが、可もなく不可もなくです。

 

今年からもう一羽インコさんを迎えることになったので新しいケージを買うことにしました。どうせ買うならいいものをと思い、何件もホームセンターをハシゴしてやっと見つけました。 

 

 

f:id:anemoneko:20160421154829j:plain

SANKOの「イージーホーム・クリアバード」というやつです。

 

前後がアクリルになっているちょっと珍しいタイプです。サイズは、セキセイインコや文鳥にぴったりの幅36cm×高さ43cmのものと、オカメインコにも使える幅43cm×高さ57cmのものがあります。うちはセキセイインコですが、2羽が同居する日が来ることも考えて、大きめのものを買いました。

 

広いです。セレブか!?ってくらいの広さ。

 

ちょっとお値段はお高いですが、飼い主の気持ちをよ〜く考えて作られています。

 

 

羽やエサが飛び散りにくい

網のやつだと抜けた羽やエサの殻がカゴの外に散乱しちゃいますが、これだと前後と下の方がアクリルで覆われていることもあって、網のやつと比べてあまり飛び散らないです。

 

インコさんには開けられない 

f:id:anemoneko:20160421155751j:plain

インコは自分で扉を持ち上げて脱走することがあります。

今までのケージだと別売りのナスカンや洗濯バサミで扉を止めておかなくてはいけなかったけど、このケージにはあらかじめ脱走防止の留め具が付いているのです!なんで今までなかったんでしょう?些細なことだけど、ありがたいです。

 

 

 

底がないから掃除がラク

f:id:anemoneko:20160421160908j:plain

 

わかりにくいですが、新聞紙を敷いているトレイの下に何もないんです。

 

通常のケージはトレイの下にもう一枚アクリルの底があるのがほとんどだと思います。でもこれがあると底の角や溝に羽や餌カスがたまって不衛生なんですよね。しかもそれを取るためには網の部分を外して分解しなきゃいけないから結構大変。

 

新しいケージだとそのままテーブルにゴミが落ちてくれるから、カゴを持ち上げてササッとゴミを払って掃除機で吸えばいいのでラクです。

f:id:anemoneko:20160421161216j:plain

 うちはホコリを取るモップで床に落としてから、ハンディ掃除機でササっと吸い取ってます。

 

 

 

透明だからよく見える 

f:id:anemoneko:20160421161700j:plain

これが一番うれしい。

前後が透明のアクリルなのでインコさんの様子がよく見えます。写真を撮るときも網がじゃまにならないのでいいです。透明だからといってアクリルにぶつかることはないです。うちのインコさんはちゃんとアクリルを壁として認識しているみたいです。冬は左右をビニールで覆うだけで防寒対策ができます。

 

 

 

 

次買うときの参考に、かわいいケージ

 

丸型もかわいくておしゃれです。憧れるけど、新聞紙がひきにくそうなのと、市販の防寒カバーが四角しかないので断念。

 

 

こんなかわいらしいのもあるみたい。実物を見てないからわからないけど、機能性は低そうかな。どうだろう?

 

 

 

ちまたでは猫ブームらしいけど、我が家では空前のインコブームです。