水曜日のティータイム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

100均の毛糸でマフラーを編みました


<広告>


去年の冬は「かぎ針編み」を覚えたので、今年は「棒針編み」に挑戦してみました。

 

 

かぎ編みができれば棒編みも簡単だろうと思ってました。はじめるまでは。

 

 

ダイソーで針と糸を買う

初心者なので100均で道具をそろえることにしました。

棒針っていろんな種類があってどれを買えばいいのかわからない。とりあえず、それっぽいものを買ってみましたが、どうやら編むものによって針を選ぶようです。(いらんもんまで買ってしまった…)

 

f:id:anemoneko:20160413175524j:plain

 

マフラーのように平たい物は往復に編むので「玉付2本棒針」、帽子や靴下のように輪に編むものは左右どちらからも編める「4本棒針」です。

 

輪編み専用の「輪針」もあります。これは長さが決まっているので、編むもののサイズに合わせて長さを選びます。

 

そして、糸の太さに応じて針の太さを選びます。

 

糸は「シフォンムース」の「ミルキーホワイト」と「ビスケットベージュ」という色を買いました。

f:id:anemoneko:20160413175541j:plain

モカっぽいベージュがなかなかキレイです。

 

 

 

初心者用の本を買う

参考にした本は「はじめて編む 帽子・マフラー・スヌード」というズバリそのまんまなタイトルの本。

 

手づくりLesson はじめて編む 帽子・マフラー・スヌード (アサヒオリジナル)

この本の1番はじめに紹介されている、表紙のお兄さんが巻いているマフラーを編みます。

f:id:anemoneko:20160413175610j:plain

1目づつ写真付きでわかりやすい。

 

作り目まではスムーズに編めるんだけど、2段目以降は目がゆるくなったり針から糸が抜けたりして苦戦。かぎ針編みとは全然別物です。

 

かぎ編みと違って大変なのは、間違っても引き返せないこと。かぎ編みは間違ったところまでシャーっとほどいてすぐに編みなおすことができるんだけど、棒編みだと1目づつ針から糸を抜いて、糸の向きを気にしながらまた入れて…ってなんだか複雑。

 

10段編むまでに何度ほどいたことか。

 

でも、基本同じ作業の繰り返しだから、20段も編めば慣れてきてサクサク編めるようになってきました。慣れてくると今度は単調で飽きてきたりして…。

 

 

完成

2ヶ月近くかけてはじめてのマフラーが完成しました。

f:id:anemoneko:20160413175714j:plain

100均の毛糸だけど、肌触りはそんなに悪くありません。チクチクするとか、かゆくなるとかはありません。ただ、重いです。ふんわりというよりしっとりしてます。

 

重さは完全に盲点でした。

今回使った100均の糸は1玉「約41m」に対して重さが「約40g」です。

f:id:anemoneko:20160413175738j:plain

よく見たら材質も「アクリル100%」って…、マフラーではあまり使わない材質ですよね。 

 

本で使用している糸は1玉「約75m」で重さが「約50g」とのこと。材質は「ウール60%、アクリル40%」です。

 

 

手芸屋さんで売っている毛糸はちょっと高いけど、やっぱりそれなりの価値がありそうです。

 

かぎ編みでポーチやドイリーを編んでいるときは100均の糸でも何も気にならなかったけど、マフラーのような大きなものは良い毛糸を買ったほうがいいですね。

とくに帽子や手袋は糸によってサイズが変わってしまうから、糸選びは重要です。 

 

 

今は、余った糸でアラン模様を練習しています。

f:id:anemoneko:20160413180811j:plain

ちょっと難しいけど、すこしづつ立体的になっていくのがおもしろいです。

 

これからも、ゆっくりですがいろいろ編んでみたいです。