水曜日のティータイム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

五輪ロゴ盗用疑惑と佐野研二郎氏について考える

考え方

<広告>


私の本職はデザイナーです。現在はフリーランスで細々と活動しています。

 

普段あまり脚光を浴びない「デザイナー」という職種が、オリンピックエンブレム(と佐野研二郎さん)のおかげで話題になっているのでこの機会にデザインについて考えてみます。

 

 

騒動のあらまし

佐野研二郎さんというデザイナーが作ったオリンピックのロゴが、ベルギーのある劇場のロゴとソックリだということでその劇場のロゴを作ったデザイナーが異議を唱えたのが騒動のはじまりです。

 

f:id:anemoneko:20150819191742j:plain

www.asahi.com

 

その後、佐野研二郎さんの過去の作品にも盗用疑惑が持ち上がり、騒動はオリンピックエンブレム以外にも飛び火しています。

 

 

 

佐野研二郎さんについて

佐野研二郎さんはデザイン業界では以前からかなり有名な人です。

 

シンプルで温かみのあるデザインが特徴で、有名なものだと「auのリスモ」「日光江戸村のニャンまげ」「サントリーDAKARA」などがあります。

 

matome.naver.jp

 

 

 

五輪エンブレム盗作疑惑について

はじめは「似てるけど、たまたまかぶったのだろう」と思いました。どちらのロゴも四角と三角と丸で構成されていて、どちらもアルファベットの「T」をモチーフにしているから似てしまっても仕方ないかな、と。(ベルギーの方は「T」と「L」ですが)

 

 

シンプルなロゴは似ているものが結構あります。

 

たとえば、「iTunes」と「LINE Music」。どちらも音符なので仕方ないと言えば仕方ない。

f:id:anemoneko:20150819194813j:plain  

 

 

あと「vivienne westwood」と「Harris Tweed」のロゴも似てます。これはどちらも英国王室の「オーブ」をモチーフにしているそうです。f:id:anemoneko:20150819201448j:plain 

 

他には、「SUIT SELECT」と「ファミマプレミアム」のロゴも似てる気がする。

縦棒4本と横棒3本。

f:id:anemoneko:20150819202458j:plain

 

そんな感じで五輪ロゴも偶然かぶっただけだと思いました。だって、あまりにも似すぎているじゃないですか。

 

パクるならバレないようにもう少し変化を加えるかなと思うのです。 
佐野さん本人が盗作を否定している以上「盗作だ!」とは言い切れないと思います。 

 

 

 

サントリートートバッグの模倣問題について

サントリー「オールフリー」のキャンペーンで佐野さんがデザインを務めたトートバッグ30点のうちいくつか「盗作ではないか?」とネットで騒がれ、これについては本人も模倣を認めいくつか配布を中止しています。

 

f:id:anemoneko:20150820163810j:plain

サントリーオールフリーのサイトより) 
 

これは五輪エンブレムとは全く異なる問題です。「盗作」や「模倣」というより勝手に人のものを「無断使用」していると言った方がわかりやすいです。 


francepresent.com

 

たとえば、フランスパンの写真を使ったデザインですが、本来なら自分でフランスパンを買ってきて撮影するか、商用で使えるフリー素材の画像を使用します。

 

ですが、ネットで検索して見つけた個人ブログの画像を無断で使用してしまったようです。写真を撮影した人に著作権があるので、勝手に使うのは著作権の侵害にあたります。 

 

 

佐野さん自身は「事務所のスタッフがしたこと」とおっしゃってましたが、そのスタッフさんはよっぽど追い込まれていたんでしょうか…。もしくは新人さんか…。

 

ちなみにデザインを考える人(この場合佐野さん)と実際に作業をする人(この場合スタッフさん)が違うことはよくあります。

 

 

 

何が良くて何がダメなのか

普段デザインの仕事をしていても、たまによくわからなくなります。

 

■他の人のデザインを「トレース」して新しいデザインを作るのはダメ

 

「トレース」は元々あるものをなぞってそっくりに仕上げることです。

自分が書いた下書きや、自分で撮影した写真をトレースするのはもちろんOKです。

 

以前「昆虫交尾図鑑」という本のイラストがネット上にある写真を無断でトレース(模写)していると話題になったことがあります。

 

他の人が撮った写真を見ながら自分の手で描くのも、訴えられる可能性があるからダメなんですね。

 

 

 

■写真の構図を真似するのもダメ

 

以前、飲食店で雑誌に載せる料理写真を撮影していた時に、カメラマンさんが撮影している横で店のスタッフが「ホームページにも使いたいから自分のデジカメでも撮っていいか?」と聞いてきたことがあります。

 

これは「ダメです」と出版社の方に教えていただきました。

写真の「構図」も撮影者に著作権があるとのことです。むずかしいですね…。

 

 

 

■フリー素材を使用するのはOK

 

今回の騒動で「フリー素材を配置してるだけでデザイナーになれるなら誰でもデザイナーになれる」みたいな意見をどこかで見ました。

 

そうなんですよね。フリー素材って本当に便利なんです。

 

カメラマンやイラストレーターにお願いする時間や予算がない場合はフリー素材を使います。

 

今回のトートバッグもフリー素材をトレースしてればまだ問題なかったんですよね。(フランスパンや小鳥のデザインは)

 

 

 

■他の人のデザインを参考にするのはOK?

 

おそらく多くのデザイナーが他の人のデザインを見て、なにかしら自分のデザインに取り入れたことがあると思います。

 

たとえば草間彌生さんのドットのかぼちゃを見て、ドット柄のリンゴを作ったりしても、草間彌生さんが「盗作だ!」って訴えなければそれは「参考にした」だけだったり「オマージュ(リスペクト)」だったりするのです。

 

 

今回の五輪エンブレムも、もしかしたら気づかないうちに佐野さんがベルギーの劇場ロゴ(またはそれに似たもの)を目にしたことがあって、気づかないうちに参考にしてた可能性もあります。なんとも言えないですが…。

 

 

トートバッグのように確信犯的に盗用しているならもちろん悪いことですが、本当に偶然似てしまうこともありますので、今はまだ同業者である佐野さんのことを信じたいというか、半信半疑です。

 

 

この問題が今後どのように進展していくのかわからないですが、何もないところから新しいものを生み出すということがどれほど大変な作業か、ちょっとビビりつつも勉強になりました。

 

 

 

佐野研二郎のWORKSHOP

佐野研二郎のWORKSHOP

 

 ↑この本持ってるけど、パクリじゃない(と思われる)作品もいっぱい載ってておもしろいですよ。

 

ニャンまげの耳がない理由がおもしろいです。デザイナーの方はぜひ。