水曜日のティータイム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

クリスマスの手紙


<広告>


f:id:anemoneko:20141224111116j:plain

 

夫はバツイチで前妻との間に子どもがいます。

 

10年くらい前に離婚して、それ以来会っていないそうです。子どもが1歳か2歳くらいのときなので、子どもはきっとパパのことを覚えていないでしょうね。

 

でも毎年、クリスマスの直前に手紙が送られてくるのです。

ちゃんと子どもの筆跡で、学校のことや遠足のことなど近況が書いてあり、併せて「今年は○○がほしいです」と具体的な商品名をあげてプレゼントの要望が書かれているそうです。

 

そして夫はその手紙に書かれている商品をいそいそと買いに行き、クリスマスに届くように送るのです。まるでサンタクロースです。

 

その唯一の親子の交流を、微笑ましいような、切ないような、何とも言えない感情で私はそっと見届けるのです。

 

 

いつか子どもが思春期になって、その手紙が来なくなるかもしれない。

 

もしかしたら、手紙じゃなくて本人が会いに来るかもしれない。

 

いろんな事態を考えては、そのときの夫や自分の気持ちを想像してソワソワしてしまうのです。

 

 

 

 

今年のプレゼントは去年と同じで、ゲームソフトです。まだまだ子どもらしくてホッとしました。

 

できればこれからも、夫をサンタクロースにしてあげてほしいです。