水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

産んだ年齢で子どもの育ち方が違う?


<広告>


ん?となったニュースの話です。


「産んだ年齢で子の育ち方違う」自民・町村氏が発言

 

町村元官房長官という方が、少子化の問題について「25歳で産んだ子どもと40歳で産んだ子どもの育ち方が違う」と発言したそうですね。

 

それに対して女性議員が注意を促した、と。

 

 

ん?どういうことかしら?わたしも産んだ年齢で子どもの育ち方は違うと思っておりましたので、この考えは良くないのかしら?と不安になったわけですが、よく読んでみると

 

“母親の出産時の年齢が子どもの発育を左右するとも取られかねない”からこの発言はダメなんですね。なるほど。それは違いますね。子どもの発育と親の年齢は関係ないですよね。

 

 町村元官房長官は「高齢出産のリスクを指摘した。発育を指したものではない。」と訂正しているそうですが、その言い方じゃ「高齢出産のリスク」は伝わらないです。

 

 

産んだ年齢で子どもの育ち方は違うのか

f:id:anemoneko:20141008093902j:plain

私は違うと思います。そもそも環境が違うと思います。

 

25歳の頃のわたしは精神的にも経済的にも未熟で、とても子育てなんてできそうになかったです。もしもそのタイミングで子どもができていたら、それはもう必死で育てていたんだろうけど、余裕はなさそうです。しつけの仕方も大きく違っていたでしょうし。

 

30代の今でも立派な母親になれるか、自信があるとは言えないですが…。少なくても20代の頃よりは出産・育児についての知識もあるし、お金もあるし、心にゆとりがあるような気がします。(もちろん20代で立派な母親になられている方がいるのは大前提です。)

 

 

反対に、若いときに産むことにもメリットはあります。

・体力がある

・復職がしやすい

・2人以上産むのも可能

 

正直うらやましいです。特に社会復帰のことが。

25歳で産んだら、子どもが小学生になっても30すぎ。再就職も余裕でできますよね。

 

産んだ年齢によって子どもの育て方は違うと思いますが、どんな育て方がベストなのかはそのご家庭次第です。「若いお母さんがいい」という子どももいれば、「人生経験豊かで落ち着いたお母さんがいい」という子どももいるでしょう。

 

 

まとめ 

なんだかんだ言っても、自分のタイミングで産むしかないんですよね。

そりゃあ若いうちに産めるなら産みたいし、40歳で産む人も「40歳になったら産もう」と狙ってそうなったわけじゃないだろうし。

 

やっぱり町村元官房長官は何が言いたかったのかよくわからないです。

 

 

それにしても最近、育児や出産について過敏ですよね。関心を持つのはいいことですが、ベビーカーといい、マタニティマークといい、なんだかネガティブに考えすぎ。

 

高齢出産も若齢出産も、精一杯支え合える世の中になってほしいです。

 

 

広告を非表示にする