水曜日のティータイム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

モテるためにした10のこと

考え方

<広告>


f:id:anemoneko:20141002115521j:plain

お恥ずかしい話ですが、私は10代〜20代前半は全くモテなくてずっと彼氏もできず、このまま独りで死んでいくのだろうかと危機感を募らせ焦っていた時期があります。

 

とにかく何としてでも彼氏を作ってあわよくば結婚したい!と一念発起し、研究と実験を重ねること3年。なんと彼氏ができたのです。

 

それから3年ほどは、ご縁がなくお別れになっても、半年以内に新しい彼氏ができるという良いサイクルに恵まれ、なんとか結婚まですることができたのでした。

 

モテたくて必死でがんばっていたときの経験を、ずっと彼氏ができなくて悩んでいる友だちに伝えたいのだけど、さすがに「結婚したとたんに上から目線かよ、ムキー!」となりかねないので、ここでひっそりと公開します。

 

 

 

1.恋愛指南書を読む

「 そこまでしてモテたいのか」と思われそうで躊躇してしまいますが、そこまでしてモテたかったのです、私は。

 

本屋に行けばたくさんの恋愛指南本があります。とにかく片っ端から読んでいきます。そしたらそれをできる範囲で実践していきます。一般的な自己啓発書と同じです。行動しなければ何も変わらないです。些細なことでも少しずつ取り入れ、効果がなければやめてもいいと思います。

 

大体どの本にも書いてるのは「いつでも笑顔」「ネガティブな発言はしない」「“でも”“だって”を言わない」などですね。この辺は恋愛云々いうより人としてですね。

 

私が読んだ中でオススメはこちらです。

 

30歳からもう一度モテる! 大人の恋愛成功法則

30歳からもう一度モテる! 大人の恋愛成功法則

 

 これは、大人の女としての考え方を中心とした内容です。おもしろいかどうかは置いといて、なるほどなーと思うところがたくさんあります。

 

 

女のしくじり

女のしくじり

  • 作者: ゴマブッ子,小迎裕美子
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2009/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 13人 クリック: 287回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る
 

 これは普通におもしろいです。ゲイの著者が独特の語り口調でモテない女がなぜモテないのか教えてくれる内容です。ブログもおもしろいのでぜひ。

 

2.髪を伸ばす

 ショートやボブが似合う人って大概美人なんですよね…。美人は好きな髪型にしてもモテると思います。でもそうじゃない方は髪型でごまかすしかないのです。

 

髪型の印象ってすごく大きいと思うのです。先入観としてロングヘアの女性を「女性らしい」と思う傾向があるし、ベリーショートの女性の第一印象は「ボーイッシュ」「個性的」だと思います。

 

まず、髪を伸ばすことで「自分は女らしさを求めている」「恋愛をしたいと思っている」ということを暗にアピールできるのです。

 

 

 

 

3.コンサバ系女をめざす

新しい出会いがあったとして、恋愛に発展するかどうかは第一印象で決まります。このとき誘ってもらいやすい女って普通の人だと思うのです。派手すぎず、地味すぎず、普通に女らしい人。いわゆる女性誌でよく見る「モテコーデ」に全身身を包んだような女です。

 

女子アナの人気が高いのはそういうところだと思います。奇抜なファッションをした女子アナなんていないし(ほとんどコンサバ系)、みなさん女性らしく、親近感もあります。

 

私自身「ありのままの自分を好きになってほしい」とか言ってパンクロックな格好をしてたこともありますが、実際モテコーデを取り入れてみると全然男受けが違います。

 

ありのままでいいのは美人だけです!

 

 

 

4.モテる人を研究する

身近にモテる友だちがいれば、仕草や言葉遣い、ファッションや髪型など、徹底的に研究してパクります。

 

私が研究したところだと、彼女達に共通するのは

 

・笑顔が多く、毎日楽しそう

・規則正しい生活をしている

・フットワークが軽い

・誰に対してもやさしい

・髪の毛がサラサラ、ツヤツヤ(アップにするより下ろしていることが多い)

 

そんな感じでしょうか。近くで観察してるともっといろんな発見があると思います。マネできるところはマネします。

 

 
 

5.ファッションは年齢を意識する

「私20代の頃から同じ雑誌読んでる〜」と言っていたアラフォーの友だちを見て、ハッと気付いたのです。アラフォーにはアラフォーのモテコーデがあるはずです。

 

年を重ねるごとに「若さ」というアピールポイントは失われていくので、かわりにその年齢をうまく武器にしなくてはいけないと思うのです。大人の女性ならではの魅力って絶対にあると思うので、そこを活かさなくてはいけないのです。

 

それなのに、いつまでも若くいたいからって30すぎてCanCamみたいな格好をしていたら不自然です。

 

ファッション誌で言うと、アラサーならOggiBAILA、アラフォーならPreciousやGLOWあたりが無難じゃないでしょうか。

 

 

 
 

6.ゆっくり話す

 ゆっくり話す人って落ち着いていて素敵じゃないですか?

芸能人で言うと滝川クリステルさんや夏目三久さんのような話し方が素敵だと思います。賢そうにも見えるし、実際に言葉を選びながらじっくり考えて話すようにしたら余計な発言も減ったように思います。

 

 

 
 

7.ネイルアートはしない

 男ウケが悪いってよく聞きますよね。でも、何もしないのも良くないと思います。適度に切りそろえ(1〜2mmぐらい)ベースコートを塗っておくと何もしてないっぽいのにキレイに見えます。

 

何もしないときやネイルアートをしているときよりも、男性から手がキレイだと褒められることが多かったです。

 

私は、キャンメイクベースコートを使ってました。塗りやすくてすぐ乾くし、自然な仕上がりになります。トップコートだとちょっとピカピカしすぎる気がします。


キャンメイク / カラフルネイルズ ベースコート商品情報 −@cosme(アットコスメ)−

 
 
 
 

8.個性を捨てて男受けを狙う

 浅はかな考えで恐縮ですが、モテる為の真理かと。

女性から見て「かわいいもの」と男性から見る「かわいいもの」は違いますよね。

 

たとえば、女ウケするけど男ウケしないものは

レギンス・花柄パンツ・お団子ヘア・パッツン前髪・タトゥータイツ、など。

 

内面的なところだと、

下ネタ、女子力求めすぎ、サバサバしすぎとか、そんな感じでしょうか。

 

そういうのを排除していきます。没個性ですね…。書いててちょっとむなしくなってきました。

 

 

 

 

9.興味がない人でも1度は遊ぶ

 誘ってもらえたら、とりあえず会ってみます。第一印象では「ないわー」って思ってもじっくり話すと案外「ありかもー」になるかもですし、本命の人に誘われたときの練習にもなります。

 

そのためにも週末の予定は詰め込みすぎない方がいいですね。習い事や女子会でガンジガラメの人たまにいますけど、はじめのお誘いを断ると次はないと思います。よっぽど興味を持ってもらえたなら別ですが。

 

フットワークが軽い人の方が誘いやすいですもんね、男女問わず。

 

 
 
 

10.とりあえず付き合う

運良く興味を持ってもらえて「付き合ってほしい」と言われたら、よっぽど嫌じゃなければ好きじゃなくても付き合ってみます。そしてその人のいいところを探していけば、そのうち好きになったりもします。

今の夫とはそんな感じでした。

 

「ココが嫌、それがダメ」と減点していくのではなく、いいところを見つけて加点していくのがポイントです。

 

 

 

 

以上です。

細かなところを言えば、「ハイヒールを履く」「揺れるピアスを付ける」(ananに書いてた)とかもやってみましたが、効果のほどはよくわからないです。

 

上記の10個全部やってるけどモテないって人もいるだろうし、何もしてないし美人じゃないけどモテるって人もいると思いますが、彼氏ができなくて途方に暮れている人はいろいろやってみたらいいんじゃないでしょうか。