水曜日のティータイム

水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

はじめて行った美容室が失敗だった話


<広告>


私はここ2年ほどずっと黒髪ロングです。

ほとんど手入れもせず伸ばしっぱなしだったので、久しぶりに髪色を変えてついでに少し短くしてみよう、と思って美容室に行くことにしました。

 

半年ほど前に引っ越してきたので、行きつけの美容室はまだないのです。

なので、何店舗か行ってみてその中で自分に合うところを行きつけにしようと思って、今回が2店舗目です。

 

ホットペッパービューティーを見て、当日予約できるところを探して行ったのですが、見事に失敗しました…。

 

 

今回の美容室が失敗だと思ったポイント

 

1.痛い

なぜか痛い。カラーのときもシャンプーのときもドライヤーのときも、髪をガシガシ引っ張るような感じで痛いのです。もしかして美容師さん怒なの?不機嫌なの?と思ったけど、会話は軽やか。

 

なかなか共感してもらえないんだけど、たまにゴムみたいな手の人っていませんか?髪に手が絡んで引っかかる感じ。私の髪質との相性なんだと思うんだけど、ちょっと手ぐしでなでられただけでも引っかかって「イテテ」ってなるのです。この日はちょうどゴムの人でした。

 

 

2.会話が上級者向け

基本的にあんまり話しかけてこない美容師さんの方が好きだから、話しかけてこない人が担当でその点は良かったんですけど、急に話しかけられた言葉が「普段あんまりメイクとかされないんですか?」という問いかけ。

 

これは何を意味しているの?今の私フルメイクなんだけどスッピンに見えるのかしら?それともメイクが変なの?化粧っけがないってこと?どんな答えを求めているの?

 

パニクりました。

 

 

3.従業員同士の会話が多い 

たぶん業務連絡だとは思うけど、接客を中断してたびたび話してる。「失礼します」とか何もなく、そこそこの音量で。「カラー液どこからつける」のような内容から「ホットペッパーだから30%OFFで…」など料金の話まで。しかも「新規さん」って呼ばれてた…。いや、間違ってないけど。

 

なんだか物扱いというか、トリミングされてる犬の気分です。

 

 

4.カウンセリングがほとんどない、もしくは意味をなさない

カット台に座っていきなり「カラーを先にしますね、どれくらいの色にしますか?」と。その時点で髪の長さは一切聞かれなかったけど、もしカラーのあとにベリーショートにしてくださいって言ってたらどうすんだ?

 

カラーは以前黒染めをしていたから「ブリーチしないと明るくならないですよ」と言われて、「じゃあお願いします」って言ったら明るくなりすぎました。

これは、私も悪かったかな。でもどんな色になるのか写真とか見せてほしかったよ。言葉だけじゃうまく伝えられないです。

エヴァのアスカ、もしくはアナ雪のアナみたいな色になりました。 (コスプレの予定はないです)

 

カットはヘアカタログを見せてもらいながら「段を入れるとこんな感じで、そうじゃなかったらAラインでこんな感じですけど」って美容師さんが言うから「じゃあ、あんまり段を入れないでAラインぽい感じで」っていったのに、段を入れた感じになりました。

 

量が多いからちょっとすいときますねーって、すきすぎ!

「夢見る少女じゃいられない」の頃の相川七瀬みたいになりました。

 

 

新しいドラマの石原さとみとか、昼顔の上戸彩みたいにふんわりした感じにしたかったのに、これじゃただのヤンキーだよっ!

夫にも「ギャルになったなぁ」って言われた。もうアラサーなのに(泣)

 

 

もちろん文句を言う勇気もなくて、鏡の前で泣く日々です。

 

 

今の私にできることは、この髪型に似合う自分になることぐらいですよね…。

 

 

ちっくしょー!やってらんねーよ!