水曜日のティータイム

水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

妊娠について男の人に言いたいこと


<広告>


助産院で出産後の女性が亡くなったというニュースを聞いて、

出産って本当は本当に命がけで大変なもんなんじゃないかって思った。
 


産後大量出血の女性が死亡、助産師を書類送検 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 
 
私もいい歳だし、早く子どもが欲しいんだけど、
妊娠、出産がとにかく怖いんです。
 
 
みんな怖くないの?
 
 
 
妊娠したら何週間もつわりで体調が悪くて、できることが制限されて、
お腹が大きくなってくれば腰が痛いとかお腹がひび割れてきたりとか。
 
産む時には何時間も陣痛に耐えて、赤ちゃんが出てくる時も痛いだろうし、
その上会陰切開とか鼻からスイカとか、もう聞けば聞くほどワケがわからない。
 
 
結婚して「よし、子ども作るぞ!」ってなってはじめて
皆さんの出産体験談が「自分の身にこれから起こること」として聞くようになって、
そしたらすごく怖いんです。
 
 
 
冒頭のニュースみたいに亡くなってしまう人だって少数でもいるわけだし。
 
 
だから私は少しでも恐怖をなくすために
できるだけ大きな総合病院で無痛分娩で産みたいと思っています。
 
 
そのことを友達に話すと
「完全な無痛じゃないから無痛分娩なんか意味がない」
「無痛分娩は自然の流れに反する」「自然分娩が1番」なんて言われるんですよね。
 
 
ただ、女同士で出産方法についてあーだこーだ言い合うのはいいんです。
いろんな人の意見や考えを聞きたいし、自然分娩の方がいいって言うならその理由も詳しく聞きたいし、私もまだわからないことだらけだし。
 
 
でも、対した知識もない男が「無痛分娩なんかアカン」って言ってるのを聞くとモヤっとするんです。
 
 

そりゃあ、あんたは痛くも痒くもないからそんなこと言えるんだよー!!

 
 
死ぬかもしれないという恐怖を背負うことがどんなに不安なことか、
男の人には本当に自分のことのように考えてほしい。
 
 
誰でも経験してることだからとか、妊娠は病気じゃないとか気軽に言う男の人いますよね。
うちの夫ですけど…
 
 
みんなが経験してることイコール容易いことではないし、
場合によっては病気より辛いこともあるはず。
 
 
たぶん妊娠する人はみんな怖いんだと思う。
 
 
その辺のことをもっとわかって欲しい。
 
 
そして、その恐怖を乗り越えてでも産みたいって気持ちも
わかって欲しい。