水曜日のティータイム

水曜日のティータイム

好きなことや日々の雑感などを書いてます。関西在住です。最近はインコと編み物にはまっています。

女友達が欲しくておかしくなる女の話『ナイルパーチの女子会』を読みました

ナイルパーチの女子会

友達がいない私は共感するところが多くて、軽くホラーでした。

 

 

簡単なあらすじ

大手商社に勤める美人で真面目なキャリアウーマン栄利子は実家暮らしの独身OL。

毎朝誰よりも早く出社し、人気ブログ「おひょうのダメ奥さん日記」を読むことを密かに楽しんでいた。

 

主婦ブロガー翔子は子なし専業主婦で、だらけた日常をブログに綴っている。

気取らない日常を切り取ったブログが人気を博し書籍化の話が持ち上がるなか、偶然栄利子と知り合う。

 

全く違う世界を生きている二人に共通することは「女友達がいない」ということ。

 

 

タイトルの「ナイルパーチ」は、アフリカに生息する大型の淡水魚のことで、日本ではスズキの代用魚として輸入されている。

肉食でどう猛なことから、放たれた湖の在来魚を食い尽くし生態系を壊してしまう困ったやつでもある。日本でいうブラックバスやブルーギルみたいなものなのかな。

 

このナイルパーチのように、他者を食い尽くす凶暴性を持った女たちの物語です。

 

 

女友達がステータスになっている問題

ドラマや漫画でも女性が主人公の場合、必ずと言っていいほど「親友」がいるのよね。

お互いの家を行き来して、恋バナしたり励ましあったり、それがさも当たり前のことのように描かれている。 

 

小説の中でも書かれていたけど、10代〜20代の女子って彼氏がいることよりも女友達がいることに重きを置いていて、どれほど仲が良いか、どれほどたくさんの女友達に囲まれているかを無意識に競っている風潮があるような気がする。

 

高校生の時にプリクラが流行ってて、女の子同士で交換してたくさん集めてノートに貼っていた。懐かしのプリ帳。今の高校生もしてるのかな?

 

プリ帳の密かな役割は、一緒に撮る友達がいるアピールだったり、交換できる友達がたくさんいるアピールだったのかもしれない。

 

最近の若い子がやってる「双子コーデ」も、親友がいる自分に優越感を感じてるんじゃないのかと思う。「女子会」という言葉にも似たような意味が感じ取れる。

 

否定してるんじゃなくて、私はすごく羨ましい。双子コーデとかしてみたいし、オシャレなカフェで時間を忘れてガールズトークに花を咲かせてみたい。

 

主人公の栄利子も私みたいに、そんなキラキラした女友達に憧れて、偶然仲良くなった翔子に執着してしまう。一気に距離感を縮めようとして失敗してしまう。そう、女同士は距離感が難しいのだ。

 

  

ひとりもいいな

物語はおかしな方向に進んでいって、もう友情とかそんなもんじゃない、わけがわからない展開になっていくんだけど、読み終わった後に「ひとりもいいな」ってちょっと安心できました。

 

女友達は憧れるけど、なぜかちょっと疲れてしまう。

 

登場人物みんな「女友達」をこじらせているから、やっぱり女友達がいない人に読んでほしい作品です。

 

この小説で一番衝撃的だったのは、ある登場人物が彼氏と言い争いになって芋けんぴを手の甲に突き刺すところです。著者はふざけているのかと思った(笑)

 

芋けんぴで人を刺せるのか、いつか試してみたいです。

 

 

 

 

amazonほしい物リストに入れたちょっといいもの

人のほしい物リストを見るのが好きです。

 

人が欲しがっているものって、欲しくなりませんか?私は欲しくなります。

だから他の人が公開しているほしい物リストを覗いては、いいものがあれば自分のほしい物リストにこっそり追加しています。ほしい物泥棒です。

 

ほしい物リストって、その人の個性が出ますよね。

 

お菓子ばっかり入れてる人とか、本ばっかり入れてる人とか、よくわかんないものを入れてる人とか。こんないいものがあったんだーという発見もあります。

 

そんな私の、ほしい物泥棒リストです。

 

 

サーモス ステンレスポット 

f:id:anemoneko:20170320165201j:plain

(画像の出典:amazon) 

 


これ、いろんな人がブログで紹介しているのを見かけます。

 

朝、熱いお茶を満タンに入れておくと、その日1日は温かい状態をキープ。もちろん保冷効果もあって、冷たい飲み物も冷たいままキープ。

 

熱々のコーヒーを入れてデスクに置いておけば、コーヒーのおかわり自由です。

 

 

f:id:anemoneko:20170320165319j:plain

 

デザインもシンプルでスッキリしていて、落ち着いたカラーもいい感じです。

 

買おうか迷ったんだけど、うちにサーモスのタンブラーがあるんですよね。

 

すでに持っている人も多いかと思いますが、これは本当におすすめ!

 

冬、温かいコーヒーやお茶が冷めにくいのも嬉しいけど、それよりも夏!

氷をたっぷり入れてキンキンに冷やしたお茶を入れておくと、数時間は冷たいまま。しかも水滴が一切つかない。

 

作業中のデスクで普通のグラスを使っていると、結露で書類が濡れることもあったけど、これならそんな心配はいりません!

 

タンブラーがめちゃくちゃ使えるので、どちらかひとつあれば十分かなと思って、ポットはほしい物リストの中で保留中です。

 

 

 

中島重久堂 TSUNAGO つなぐえんぴつ削り

f:id:anemoneko:20170320183534j:plain

(画像の出典:amazon) 

 

こんな画期的なものがあるんだー!と驚いて、すぐにほしい物リストに入れちゃいました。

短くなって書きにくくなった鉛筆を、つなげて使えるようにする商品です。

 

 

私は今でも鉛筆をよく使います。

何かメモを取ったり、アイデアを煮詰めたいときなんかは、ボールペンより鉛筆の方がサラサラ書けるような気がします。

 

それに鉛筆は、細い線も太い線も、薄い線も濃い線も、1本あれば書くことができます。

鉛筆って、すごくないですか?

 

でも、最後まで使い切った記憶があんまりない…。ちびた鉛筆たちはどこに行ったんだろう。最後の最後まで使えるようになるといいですよね。

 

 

 

今日のコーデがすぐ決まる#上下ユニクロ部の着こなしルール

 

 

気がつけばクローゼットの半分以上がユニクロです。上下ユニクロどころかパンツや靴下もユニクロです。

 

数年前までは「ユニクロはダサい」みたいな風潮でしたが、最近はファッション誌でも特集が組まれるようになってきて、ユニクロ好きとしてはうれしいです。

 

でもやっぱり着こなし次第では、野暮ったい感じになったり、ユニクロの店員さんに間違われたりしますよね。シンプルなデザインだからこそ、着こなしが難しい。

 

こういう本を一冊持ってれば、少しはオシャレになるのかな。

インスタで「#上下ユニクロ部」というハッシュタグがあることをはじめて知ったので、まずはオシャレな人をフォローするところからはじめてみます。

 

 

 

珪藻土バスマット お風呂マット

f:id:anemoneko:20170321154806j:plain

(画像の出典:amazon) 

 

珪藻土(けいそうど)とは、藻類などが海底に蓄積して長い年月をかけて土になったものだそうです。小さな穴がたくさん空いているので吸収性や脱臭性に優れていて、バスマットにぴったりとのこと。

 

数年前から話題になっていて、テレビでもよく取り上げられていますよね。最近は安いものもたくさん出ているみたいです。

 

布のバスマットだと、洗濯の時になかなか乾かないんですよね。特に真冬や梅雨の時期。我が家はできるだけ薄くて小さいバスマットを使う様にしていますが、それでも乾きにくい。だから、洗わなくていいのは主婦にはうれしいです。

 

あと、2番目以降にお風呂に入る時とか、湿っていて嫌ですよね。この珪藻土マットだと15秒でサラサラに乾いているらしいです。ほんとかなぁ。

 

amazonのレビューがすごくいいので、買ってみようかな…。

 

 

 

 

以上、ほしい物リストに入れたものの話でした。

 

自分のほしい物リストは恥ずかしくて公開できませんが、今日も誰かのほしい物リストを覗いてます。 

 

ハルキストではない私が村上春樹について思うこと

私はハルキストではない。

正直、なんであんなに人気があるのかわからない。

 

いや、すごい作家だとは思うんです。評価されているのも納得できるんです。

だけど、新刊が出るたびに騒ぎ立てられていることが、なんだか腑に落ちないんですよね。

 

例えばこれが東野圭吾だったら、わかる。誰が読んでもおもしろいし、新しく発売される本もだいたいいつもおもしろい。

ストーリーもわかりやすいし、奇抜な表現もないから万人受けする。映像化されている作品も多いから、普段本を読まない人も手に取りやすい。言うなれば、「にわかファン」が付きやすいと思うのです。

 

逆に村上春樹は「にわかファン」を楽しませるような作風じゃないと思う。

 

「話題になってるから読んでみよー」と軽い気持ちで読むと、「何これ、意味わかんなーい」ってなると思うの。世間が求めるものじゃないっていうか。

 

 

 

村上春樹のよくわからないところ

 

とにかく誰かが勃起している。

 

生娘だった頃の私は本当に意味がわからなかった。今、勃起という文字をキーボードで入力するだけでも恥ずかしくて心がざわついているのに、何故こんなにも登場人物が勃起しなくてはいけないのかがわからない。

 

村上春樹の有名な作品に「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」というのがある。

 

その中にこんなシーンがある。

 

そんなことをぼんやりと考えながら梯子を下りていくうちに、雨合羽の下で私のペニスが勃起しはじめるのが感じられた。 やれやれ、と私は思った、どうして選りに選ってこんなところで勃起が始まるんだろう?

村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」より引用

 

どうして勃起するのか聞きたいのはこちらの方である。

ちなみにこのシーンはエロい場面ではなく、何者かに連れ去られたおじいさんを助けに行くための移動のシーンだ。

 

私が女だからよくわからないのかもしれないけど、なぜここでこの描写が必要だったのか。ただ梯子を下りているだけでなぜそんなことになるのか、歩きにくくないのか、あ、歩きにくいって書いてる。じゃあその設定いらなくない?てか、ストーリーが頭に入ってこない!

 

例えば、他の作家の小説で「ぼくは欲望を抑えきれなかった」という一文があるとする。すると読者は、あー、ムラムラしてんだな、そういうことだな、とサラリと想像することができる。

だけど村上春樹はわざわざ「ぼくのペニスは勃起した」と書くのです。やれやれ、ですよ。

 

小説を読んでいるときは、現実世界から離れたいのです。小説の世界に入り込みたいのです。

 

この作品は、一角獣、壁に囲まれた街、主人公から引き離された影、謎の生物「やみくろ」など、ファンタジーがいっぱい詰まったワンダーランドな世界が繰り広げられる冒険活劇です。この不思議な世界観が魅了だと思うのです。

 

それなのに直接的なエロ表現を入れられると、ふっと現実世界に引き戻されてしまうのです。なんていうか、隠れてエロ本を読んでいるような、恥ずかしさでしらけてしまうのです。私がエロに対して邪心を持っているからなのか。

ハルキストは澄んだ心でその表現を受け入れているのだろうか。

 

 

村上春樹の好きなところ

 

無を具現化するような描写力。

 

「恋」について何か書けと言われたら、小説家はどんな表現を使うだろう。

 

太宰治はこう書いている。

 

恋愛とは何か。

曰く、「それは非常に恥かしいものである」と。

その実態が、かくの如きものである以上、とてもそれは恥かしくて、口に出しては言えない言葉であるべき筈なのに、「恋愛」と臆するところ無くはっきりと発音して、きょとんとしている文化女史がその辺にもいたようであった。

ましてや「恋愛至上主義」など、まあなんという破天荒、なんというグロテスク。

「恋愛は神聖なり」なんて飛んでも無い事を言い出して居直ろうとして、まあ、なんという図々しさ。

「神聖」だなんて、もったいない。口が腐りますよ。まあ、どこを押せばそんな音が出るのでしょう。色気違いじゃないかしら。とても、とても、あんな事が、神聖なものですか。

太宰治「チャンス」より引用 

 

直球です。恋愛至上主義なんていう奴はアホであると。口が腐る、と。勃起どころか、恋愛そのものが恥ずかしいものですよ、と。
恋多き太宰治が言うんだから本当におもしろい。

 

 

一方、村上春樹。

 

22歳の春にすみれは初めて恋に落ちた。

広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。

それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片っ端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。

そして勢いをひとつまみもゆるめることなく大洋を吹きわたり、アンコールワットを無慈悲に崩し、インドの森を気の毒な一群の虎ごと熱で焼きつくし、ペルシャの砂漠の砂嵐となってどこかのエキゾチックな城塞都市をまるごとひとつ砂に埋もれさせてしまった。

みごとに記念碑的な恋だった。

 村上春樹「スプートニクの恋人」より引用

 

ものすごくロマンチックな言い回し。太宰治は言うだろう。

口が腐りますよ、と。

 

「恋に落ちた」を表現するのにアンコールワットを破壊するなんて、本当にクレイジーだと思う。

 

だけど、私は「スプートニクの恋人」のこの冒頭の文章が大好きです。

恋をするたびに、この竜巻の表現を読んでは、これほどしっくりくる表現はないと感心してしまう。

 

この本は引越しのたびにBOOKOFFでお金に変えるけど、ふとした時に急に読みたくなって何度も買い戻してしまう。その結果、なぜか家に2冊あります。

 

やっぱりこの本でも勃起してる人がいるのだけど、そんなことを忘れるくらい冒頭の書き出しが好き。流れる様な比喩表現に圧倒されて、読むことをやめられない。もちろん話の内容も好き。

 

なんだかんだ言っても、村上春樹の小説はおもしろい。グイグイと引き込まれる。

 

私が最後に読んだ村上春樹の新刊は「海辺のカフカ」だった。正直、空から魚が降ってくるシーンしか覚えていない。

 

あれからいろんなことがあったし、私も大人になったので、久しぶりに村上春樹を読んでみようかと思う。今ならハルキストになれるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和歌山県民が選ぶおいしい梅干しの話

f:id:anemoneko:20170302191724j:plain

スーパーで梅干しを買う時って、何を基準に選んでますか?

 

私は和歌山育ちなので、子供の頃から梅干しを食べる機会は多かった方だと思うのですが、いつも梅干しを買う時に自分の中で決めているものがあります。

 

それは、南高梅(なんこうばい)のはちみつ漬けです。

 

なぜか昔から「南高梅のはちみつ漬けが一番おいしいはずだ」とDNAに刷り込まれていて、それ以外の梅干しを買ったことがないのです。

 

もはや当たり前のことかと思っていましたが、北陸生まれの夫は今まで意識して梅干しと向き合ってこなかった様で、私がスーパーで買ってきた梅干しをやたら大げさに「うまい、うまい」と褒めるので驚きました。

 

そんなわけで、よそのご家庭ではどんな梅干しを食べているのか気になった次第でございます。

 

 

 

最高級梅「南高梅(なんこうばい)」とは

南高梅は和歌山県産の梅の品種です。

大粒でとろとろの果肉が特徴の梅の最高級品です。和歌山では一粒500円以上する南高梅の高級梅干しもたくさん売ってますが、お手軽な値段のものも普通にスーパーで買うことができます。

 

 

【贈答品にも選ばれる】

最近では、藤原紀香が陣内智則と結婚した時の引き出物に選んだ「五代庵」の梅干しが有名。

 

 

和歌山紀州梅干し専門店 五代庵|拘りの梅干し・梅酒を通販でお届け

 

私も結婚の挨拶ではじめて夫の実家に伺った時の手土産が梅干しでした。

 

県外に嫁ぐので地元の名産を持って行ったのですが、よく考えれば手土産が梅干しってシュールですよね。福岡の人は明太子を持って嫁ぐのかしら…。

 

本当は話のネタに五代庵の梅干しを持って行きたかったんだけど、さすがに縁起が悪かろうと親が言うので、地元通の弟が選んでくれた「ダイヤモンド梅」といういかにもめでたそうな梅干しを持って行きました。

 

 金箔がのっていて高級感漂う感じ。

 

 

私がいつもスーパーで買っているのは、比較的安めの南高梅のさらに訳ありのもの。

f:id:anemoneko:20170302192001j:plain

380円くらいかな。イオンで売ってます。

 

南高梅は皮が柔らかくて果肉がジューシーなので、製造過程で潰れることが多いそうです。味は変わらないので、潰れているものを買った方がお得ですね。

 

 

 

梅干しの塩分量の違い

それと、購入するときは何気に塩分量もチェックします。

 

本来梅干しは、梅と塩だけで作られるもので、昔ながらの製法だと塩分量は20%前後になります。これだと長期保存ができるけど、ものすごくしょっぱいんですよね。

 

しょっぱいのが好きな方もいると思いますが、私は甘いのが好きなので「はちみつ漬け」を選ぶ様にしています。これは「調味梅干し」というジャンルの梅干しで塩分量は10%以下のものが多いです。

 

妊娠した時に、雑誌か何かで「梅干しは塩分が多いから妊婦は食べ過ぎ注意」的なことが書いてあるのを見て以来、健康のためにも塩分が少ないものを選ぶ様にしてます。

 

はちみつ以外にも、カツオ漬けや昆布漬け、最近はトマト梅なんてものもあります。

 

 

 

普段はごはんの脇役的な存在の梅干しですが、注目してみればいろんな味があっておもしろいですよね。皆さんも少し梅干しと向き合って見てください。